おすすめ比較やノウハウTipsまとめアンテナ[H'ANEB]

気まぐれに思いついたものを比較したり、なんらかためになるノウハウやTips情報を蓄積していきます。

GateHubでのSend Paymentのやり方

      2017/08/30

スポンサードリンク

GateHubでのSend Paymentのやり方

送金の仕方ですが、何度か経験を積まないと忘れてしまうので覚書として記載します。

–余談ですが、新しいWALLETができましたね。
–BTC,ETH,ETC,XRPなどが扱えるようです。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
–RIPPLEが使えるのは良さそうですね。

GateHubにログインしてWalletの画面に移動

GateHub上で、Walletの画面に移動します。
Wallet上で複数のWalletを持っている場合は、左上の出金元のWalletが間違えていないかを確認してください。プルダウンで選択できます。

GateHub Wallet

Send PaymentをクリックしてGateHubのパスワードを入力
(ログイン後の1回のみ)

ログイン後の一回目はパスワードでの認証が入りますので、GateHubのパスワードで認証してください。(再ログイン時も一回位目は認証が入ります。)

password画面

送金先のWallet名やRipple Addressを入力

次にSend Payment画面が出ますので、INSTANTのSend to欄に送金先のWallet名やRipple Addressを入力します。

send payment

Wallet名やRipple Addressを入力するとAmountの欄が出てきます。

sendpayment

Amountの欄に送金する金額を入力して、仮想通貨を選択します。

sp1

下にPay Optionsのボタンが出るので、クリックすると送金元の仮想通貨を選択できます。

(下図の例1では、344JPYをXPRから送金することになります)

自動でレート計算してくれるので楽ですね。

例1

344JPYをXPRから送金する場合

send payment

例2

5XRPをJPYから送金する場合

send payment jpy

例3

561.71XRPをJPYから送金する場合

send payment

 

例4

1000JPYをXRPから送金する場合1000

送金実施

送金先のWallet名とRippleアドレスが表示されているので、送金先に間違いがないか確認して問題なければComfirmボタンを押します。

10002

画面が切り替わり完了します。

これで一連の送金手順です。

 

ご参考までにいただけたら幸いです。

 

新しいWALLETができましたね。

BTC,ETH,ETC,XRPなどが扱えるようです。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
RIPPLEが使えるのは良さそうですね。

■XRPを扱っている取引所で日本語対応しているのは以下の2つ
簡単安心!XRPも取り扱っている取引所 coincheck

リップル東京JPY発行所

 - 仮想通貨 , ,